志摩にツーリング

連休後半の10月7・8日でバイク屋のツーリング。
初めて志摩に行ってきました。
片道250km近くの遠距離ツーリング。
画像

だいたいこれくらいの距離になると何の疑問もなくクルマを選択するのが毎度のパターンなので、いつもと異なるパターンは楽しみでもあり不慣れなことへの不安もある。

三重県に行くのは6月にC6で伊勢に行って以来2度目。
行きは新東名を最後まで走っていくというルート。
画像

集合前に東名高速分岐右ルートでコケて2名脱落ということがありましたが、命に別状もなく8名でのマスツーリングとなりました。

ルートは順調に進み伊勢にて昼食。
6月に来ているのでまだ記憶に新しい風景でした。

ランチは手ごね寿司と伊勢うどん
画像

うどんはコシのない柔らかく甘めの汁が特徴。
メニューを見て冷たいうどんだと勝手に思い込み、温かいうどんだったのでちょっとビックリ。
おまけにこの日は好天で外は暑かった。

ランチを済ませ、もうバイクで走るのはどうでもよくなりそうになりながらも、伊勢志摩スカイラインを抜けて鳥羽に行きます。
画像

展望台からの景色は素晴らしいものがあります。
建物は少々時代を感じさせられるもの。
画像

スカイラインはちょっと路面が荒れていたので女性ライダーには不安があったようです。
画像

鳥羽から志摩に向かうルートでは結構眠くなってしまった。
バイクに乗っていても眠くなるときはあるんだね。

眠いときの対処はスピードを変えたり走り方を変えたりするのがいいのだが、一般道を集団で走っているとそれが難しいのが困るところだ。

志摩での宿泊先は渡鹿野島。
画像

バイクを駐車場に止め、船で島に渡ります。

宿の料理はなかなか美味しかった。
伊勢海老の踊り焼き。
画像

駄洒落満載で客を捉えて離さない、一見高飛車そうな年配の仲居さんとのやりとりがなんとも楽しかった。
画像

もう正規スタッフではないが繁忙期に頼まれて手伝いに来ているのだという。
画像

かぶと煮も美味しい。
画像

島の夜は更けていく。
画像

翌日は県道(険道)を抜けて鳥羽へ。
クルマ一台分の幅しかない、すれ違い困難な道はなかなか面白い。
画像

目的地は鳥羽水族館。
ここは面白い!
画像

ワニやカピバラがいる水族館は初めてで、なかなか楽しめる。
ちょっと迷子になりそうにもなった。

鳥羽からはフェリー。
画像

所要時間は50分程度で伊良湖につきます。
画像

すこしゆっくりできました。
画像

さあこれからまだ道のりは長い。
画像

画像

足柄SAに戻って来たあたりで既に21時近く。
ここで休憩して一気に帰る。
画像

往復の走行距離は450kmあまり。

意外に疲労感も少なかったのでけっこう快適なものだと思いました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック