ほうとうとお茶

寒い日に、ふと思い立って「ほうとう」を食べに行こうと思った。

SNSで見た山梨は上野原のほうとうというキーワード。
検索してみると高速PAのほうとう屋さんが多いのだが、ヒットしたのが四方津駅が近そうなほうとう屋さん。
ここがよさそう。

午前中の渋滞がはけたような時間帯に出発すると、圏央道から中央高速はいたってスムーズ。
あとはほうとう屋さんがお昼の時間帯で混んでいないかということ。

ナビに頼らず上野原ICを降りてから甲州街道を下る。
つもりが反対方向に走っていることにすぐに気付き方向転換。

しばらく走るとあった。
おおきなお釜の看板?
画像

広々とした駐車場に止めると、他に止まっているクルマは一台。
お店、やってるよね。
画像

隣のドラッグストアーは見覚えがあり、バイクのツーリングで立ち寄ったことがある店舗だ。


ほうとう屋さんに入ると案の定お客さんは一名。
お昼時なのに空いてるんだね。
地元の人はお昼にほうとうを食べないのか、ほうとうは自分の家で作るものなのかなどという想像が巡る。

座敷に座り、なんとなく殺風景な庭に立派な鯉が泳ぐ景色を見ながらカレーほうとうを注文する。
ほうとうの他にもいろいろメニューがあり食べてみたくなるが、おそらく許容量を超えると思われるのでまた次回?とする。

運ばれてきたほうとうはボリューム満点で、これで1500円なり。
画像

ネットでの口コミではこの価格についていろいろあるみたいだけど、自家製(これが高いのかどうかわかんないけどね)ということで値段には納得。
画像

味とボリュームにも納得でした。
結局お店を出るまで最初にいたお客さんの他には来店客もなく、ほっこりとした雰囲気でほうとうをいただくことができました。
twitterを見ると2017年に再婚しましたと書いてあった。
いろいろあるんだね。

まあ、こういう感じもいいよね~。
ほうとう屋さんの建物の甲州街道側はどうやら以前コンビニだったみたいだね。

このまま帰るのも能がないので、甲州街道をさらに下る。
中部縦断自動車道を走るのもいいかなと思い、大月ICから中央高速に入る。

ここも流れは順調で雪の心配もなし。
よく走る中央高速だけど途中から入ると風景が違って感じられるのは面白いよね。

よく立ち寄る釈迦堂PA。
いつもの日本初信玄ソフトを注文するが、いつもとなにか様子が違う。
画像

あ、金精軒の名前が無くなっているぞ!
どうやらここも桔梗屋になったみたいだ。

なんだか戦国時代の領地争いみたいな感じだね。

中部縦断自動車道に入るとここも空いていて快適。
速度超過に注意だね。

一般道に入るとあまり馴染みのない風景や地名表示が新鮮で楽しい。

道の駅なんぶに立ち寄ると中部縦断自動車道のパンフレットなどがあり興味津々。
新しい道路ができることで物流はもちろん周辺の人達の生活も大きく変わるんだろうと思える。
画像

南部町はお茶が名産物。
買い物を2000円以上するとお茶のペットボトルを気前よく2本プレゼントしてくれた。

ここで買ったイチ押し商品という「うま塩だれ」。
味見をしてみるとなかなかいいので買ったのだが、ラベルを見ると北海道で作ってるんだね。
ここまで買いに行かなくても買えそうだ。

ふと思い立ってのドライブ。
楽しいね。
またどこかにふらりと行くかな。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック