バイク屋に行く

メンテナンス依頼するときは前日に連絡をということで、なかなか調整がつかなかったTRIUMPH Tigerをやっと預けることになりました。

夕方、行こうとバイクを出すと霧雨が降ってくる。
天気予報では曇りだったのでとにかく出かけることにする。

メーターパネル内の警告灯は点いたままなので少々不安だが、エンジンを切らなければいいだろうと思った。
バッテリーも充電しただけでまだ交換していないので、どこかでエンジンを切るとまたバッテリー上がりのリスクもあるかなと考えます。

そんなことで、ネットで購入した新しいバッテリーを背中に積んで走ります。
霧雨は相変わらずだが無事にバイク屋に到着。

症状を一度見てもらっていたので、すでに交換パーツは用意されていました。


お店にはNortonのバイクが置いてあります。
なかなかカッコいいね~。
昔のNortonは左側のペダルがブレーキで右側のペダルがギアチェンジだったのだが、今のは普通?になっているのだそうだ。
(注)あんまりバイクのことは詳しくないんだけどね

バイク屋の店長に言わせると、OHLINSのパーツなど良いものを使っているのだがサスペンションフレームが細かったりあれっ?というところがあるんだとのこと。
今入庫しているのはアイドリングが安定しないとかいうことらしい。
「こいつ頭悪いんだよね」と笑いながら言う。
ここに来ると毎回こういうのが楽しい。

代車はどうしようかということになり「乗りにくいヤツを貸してやるわ」と言って出してくれたのが、MALAGUTIのCENTROというスクーター。
イタリアンだね。
IMG_1081.jpg
(注)MALAGUTIは日本から撤退したそうです

シートを上げても収納部は小さくろくに物も入らないんだけど乗ってみな。
ということで借りて帰ります。
IMG_1080.jpg
アクセルを捻ると軽快にスタートするのだがさらに捻ってもスピードは変わらない高揚感のない感じ。
あれ、大丈夫かな?

さらには信号待ちで止まっていると、ブーンという音とともに電動ファンが回り始め水温計の針がグングンあがる。
信号が青になり、走り始めると水温は下がりまた止まると上がる。
IMG_1078.jpg
なんとか帰宅して、止めたままエンジンをかけておくと水温計の針はHゾーンに入り水温の警告灯が点いた。
オーバーヒートしなくてよかったけど、これどっかおかしくね?
IMG_1079.jpg
あと、小回りが利かなかったのも面白い。
これは160CCのスクーターだと思うのだが、800CCのTRIUMPH Tigerの方が車庫入れの時に小回りが効いたみたいだよ。
IMG_1082.jpg
ということで、ちょいと楽しい久々のバイク屋さんでした。
今度行くとき、このスクーター大丈夫かな?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント