ベトナムの備忘録 その3

ベトナム滞在最終日の3日目。
この日は前日に面接して採用決定した実習生2人の自宅を訪問する。

帰りの飛行機の時間などを勘案してある程度行ける範囲で選択。
R0000148.JPG
車で片道3時間程度のことでホーチミンから南に向かう。
R0000149c.JPG
朝8時に出発して車は渋滞で混沌とした街中を抜け、国道1号線?から高速に入る。
街中ではみんな大体30Km~40km/hくらいで走っていたのが郊外に出るとスピードが上がる。
R0000150c.JPG
高速に入るとあんまり車線を関係ないように右に左にウインカーを出しながらも走り抜ける。
路側帯も車線みたいなもんでけっこう駆け抜けていく。
3車線みたいなもんだよね。

相変わらずクラクションをよく鳴らすのは変わらず、警告というよりもこちらの意思表示みたいなものなのだろう。
ホーチミンの街中の風景からだんだんとメコン川が近づいてくると、私が持っていたベトナムのイメージに近いような椰子の木がたくさん生えていて茶色の川と小舟が行き来するような風景に変わっていく。
R0000152c.JPG
水田地帯を通るとそこは日本の田舎のように、田んぼがあってその角には家のお墓があるというなんだか懐かしい風景だ。
ホーチミンの市街よりもこちらのほうが好きな感じがするのは生活感が感じられるからなのかな。

高速を降りると道路事情は大きく変わり、車のスピードがガクンと落ちる。
舗装されていない道やコンクリート?で固められた穴だらけの道路が続く。

道端にはどこからがお店のかわからないような建物の前でサングラスやヘルメットや日用品など、いろいろなものが売られている。
砂埃をよけるようにだいたいみんなビニールの覆いがされている。
R0000208c.JPG
車の中からだからなのかもしれないが、埃っぽい感じはしなかった。
実際は違うんだろうね。

現地がだいぶ近くなってからガソリンスタンド併設のドライブインでひと休み。
R0000155c.JPG
大きなドライブインだが店員さんは一人しかいないみたい。
でも店内はピカピカ。
これがベトナム人の勤勉さなんですよと、管理団体の人からうかがう。
R0000158c.JPG
この壺はなんですかと聞くと、通訳の人は現地民のお酒で今も発酵しているんだという。
飲むときは上から水を入れてストローを指して飲むんだという。
なんていう名前のお酒なのかはわからなかった。
R0000159c.JPG
こっちではコカ・コーラよりもペプシなのかね。
R0000161c.JPG
またしばらく走ると村に入る。

生活感あふれる活気のある風景。
ニワトリや犬が道路を行ったりきたりしている。

実習生が通りの入口までスクーターで迎えに来てくれている。
面接した時の硬い表情でないのは地元に帰ってきたからと、仕事のユニフォームでないからなのかな。

家を訪問するとスコールが降ってきた。
トタン屋根には激しく雨が打ち付け、会話も聞こえなくなる。
雷鳴が轟き始めるが雷は近くの寺院の高い屋根に落ちるから大丈夫なのだという。
R0000183c.JPG
お昼を用意してもらっていたので、みんなでいただく。
ほとんど地元で採れたものや自家で養殖したものだという。
鶏肉もしっかりした歯ごたえだった。
R0000185c.JPG
管理団体の人から「偉いですね~。あまり食べない人が結構多いんですけど。」といわれる。
まったく違和感なくおいしく料理をいただいた。
バインヤーロンというココナッツういろうみたいなお菓子がとても美味しかった。
R0000187.JPG
前日採用が決定してから彼女たちはそれぞれのお家に連絡して、私たちが来ることを伝えてお昼を用意してもらったようだ。
すごいボリュームの料理でもてなしてくれたのはなんとも有難いことだ。
実習生2人はたまたますぐ隣の家に住んでいて、もう一人の͡娘はお母さんが病気だという。
おそらくは相談してお昼を用意してくれたんだろうね。
R0000193c.JPG
お母さんが病気だというもう一軒のお家ではフルーツやお土産を持たせてくれた。
ここのお父さんはあまり人付き合いになれていないので無口なんですよという。
それぞれの心遣いを感じた。
R0000194.JPG
興味のなかったベトナムがじわじわと好きになってきた感じがする。
スコールも上がり、爽やかな風が流れてくる小路を通って車に乗り帰途につく。
R0000196c.JPG
遠い国にやってくる彼女たちを心待ちに迎えてあげたいと手を振りながら通りに出る。
ここからはまた荒れた道と高速道路を走ってホーチミンに戻る。

ちょっと現実に引き戻される感じだ。
ホーチミン市街に入ると夕方の渋滞の時間で、ドライバーは渋滞回避で狭い道に入っていく。
ここもバイクや車がごちゃごちゃで傍から見ると、かえって渋滞のひっどいとことに入り込んでしまったのではないかと思える。

大通りに出るとさっきのごちゃごちゃよりスッキリした感じで、果たした近道かどうかだったのかはよくわからない。
ベトナムコーヒーをいただいてひと休み。
IMG_1215c.JPG
最後にやっとわかったのだが、ベトナムの人は濃いコーヒーにスキムミルクを入れて飲むんだね。

車での移動と飛行機での移動。
ほとんど座りっぱなしがいちばん疲れるよね。
まだ長い時間歩いているほうがよく眠れていいかもしれないと思った。
IMG_1257.JPG
また来るかもしれないベトナム。
どんどん開発が進むホーチミン。
次回はどうなっているんだろうね。



ということで、初ベトナムの備忘録でした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント