しぶろぐ〔C6&DS3CABRIO&C4P〕

アクセスカウンタ

zoom RSS C6メンテナンス 備忘録その3(パワステポンプ)

<<   作成日時 : 2017/02/26 01:28   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

可動部分というのは年数が経過したクルマではチェックが必須だよね。
人間でも同じようなものか。
外から見えない部分は点検の時にしっかり見てもらうことだと思いました。

足回りのチェックをしてもらっているときに、パワーステアリングの高圧ホースからのオイル漏れが見つかりました。
これはパーツ交換が必要。
ところが前期型C6の純正パーツは既に生産終了とのことで、調べてもらったら最終使用の高低圧ホースに交換が可能だという。
画像

けっこう手間のかかる作業だったことと思いますが、話を聞くと後期型は対策部品のようなリニューアルがされたんだろうと思いました。
この作業でハイプレッシャーパイプ、ロウプレッシャーパイプ、LDSのオイルなどのパーツが使用されました。

以前の記録を読み返して見ないとわからないけど、以前にもパワステ系のオイル漏れトラブルはあったような気がする。
また友人のC6乗りの方でもここら辺の交換をしたという話をぼちぼち聞くことがあります。
オイル漏れのトラブルはスリップ事故に繋がる可能性があるので、早めに対策しておくことが必要ですね。

オイル循環系とかパイプ接続部分とかの話はシトロエンらしい話だけど、部品はどんどん進化しているんだよね。

ということで、備忘録その3でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
私のC6もパワステ部分からのオイル漏れが見つかりました。
地面への垂れはなく気がつかなかったのですが、オルタネータ等にかかり、補機類を故障させる可能性があるとのことで修理することにしました。
漏れている部分はプレッシャーセンサーからでしたが、プレッシャーセンサー単品での部品設定がなくパイプごとのAssy交換設定でした。
ただ、パイプAssy交換にはエンジンを下ろす必要があり、エンジン脱着だけで7〜8万円とのことです。
センサーだけを外しての修理も可能とのことで当然そちらを選択しました。
37,000円のパイプAssyからプレッシャーセンサーだけを外して工賃込みで約45,000円でした。
オーレ
2017/03/13 20:03
>オーレさん
やはりここらへんの部品はお金がかかりますが消耗品と考えた方がよさそうですね。
pea-ka
2017/03/17 07:45

コメントする help

ニックネーム
本 文
C6メンテナンス 備忘録その3(パワステポンプ) しぶろぐ〔C6&DS3CABRIO&C4P〕/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる