しぶろぐ〔C6&DS3CABRIO&C4P〕

アクセスカウンタ

zoom RSS パドルシフト

<<   作成日時 : 2017/07/15 20:38   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

パドルシフトの付いているクルマを所有したお初がいぼくん。
元々MT派の私にとっては、9速ATにこんなものがいるのかと思っていた。
画像

かつてウチのクルマであったcube3のCVTにステアリングスイッチみたいなので、シフトチェンジができるものがついていた。
運転していて直感的にこの速度だとエンジンブレーキを効かせるには何速に入れたいという思いと、実際に操作して当てが外れた時とのギャップが大きくエンジンブレーキもろくに効かないような感じのCVTは嫌いだった。
こんなスイッチなんかなくたって、アクセルを踏んでCVT任せの運転をするクルマなんだと思うと愛着が湧かなかった。

まあ、そんなことはいいとしてまずはいぼくんのパドルシフト。
アルミ調のパドルは質感もよく操作もしやすいもの。
画像

ただ、エンジンブレーキをかけようとシフトダウンするとタイムラグとともに低いギアでエンジンの回転が上がり逆に加速してから減速する。
なんだかよくわからない説明になるが、この癖をわかっていないと下り坂で先ず加速してしまうのは先ず違和感がある。
これをスポーツモードにすると特性が変わるので、高回転気味にエンジンを回し活発な走行が楽しめる。
という、言い換えれば個性的なものです。
画像

パワーもあるし4駆なので結構攻めたハイスピードドライブが楽しめる。
重量もあるのでほどほどにするのがいいと思いますけどね。

もう一台はC4picasso。
これもパドルシフトがついているが、AのオートモードとMのマニュアルモード。
画像

Aでもパドルシフトでシフト操作が出来るが、使うときは料金所などで積極的にエンジンブレーキをかけて減速したいときくらい。
勢いよく加速したいときはそのままアクセルを踏めば1.6Lのターボエンジンは気持ちよく加速してくるので、パドルシフトの出番はなし。
画像

減速したいときでもAモードだとパドルシフトの操作にすぐに反応するわけではなく、低いギアになってエンジンブレークが効くときと操作を無視されたと感じるときがある。
エンジンの回転数とギアが合わないと思い通りのギアに入らないことがあるのはわかるが、どうもギアが変わるタイミングが曖昧な感じがする。
画像

Mモードに切り替えると違うのだろうが、ううむ〜あんまり使わないかなという感じだった。

これも山道を走る時用みたいな感じかな。

やっぱり走りはMTが楽しいよね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
分かります。機構に関係なく、パドルやマニュアルモードって、買うとき付いていて欲しいと思いつつも、意外と使いませんね。
シングルクラッチAMTの場合、デパート駐車場なんかの急坂では1速固定として活躍しますが…。
いさやん
2017/07/27 23:42

コメントする help

ニックネーム
本 文
パドルシフト しぶろぐ〔C6&DS3CABRIO&C4P〕/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる